冬の間は何とか隠せていた体型も、暖かくなり薄着の季節が近づくにつれて厳しくなってきました。

春が来るのは嬉しいけれど、あらわになるお腹周りの贅肉が憂鬱だという女性も多いと思います。

特に夏になると、身体のラインがよく見える服装も多いし…出来れば水着も着てみたいですよね!

そんな希望をもって挑んだダイエットも、毎回失敗してしまい、「来年の夏こそは…!」と何度も決意しなおしている方も多いのではないでしょうか?

実は私もそうでした。

【ダイエットが失敗する理由は?】

気合いを入れてジムに通ったものの長続きせず、結局やめてしまった。ウォーキングを始めてみたものの、やはりこちらも長続きしなかった。これは私の失敗パターンなのですが、結局のところ、原因は”羞恥心”だったと思います。

一生懸命運動していると、どうしても周囲の人の目が気になり、内心「無駄な努力してる」と見下されているのではないかという被害妄想があったみたいです。実際、同じジムの会員も、通りすがりの人も、私のことなんて気にしていないんですけど、体型を気にしてダイエットをしている時点でもう自分のルックスに自信がないので、どうもそんなネガティブな思考になってしまうのでした。

そのたびに「自分はダメな奴だ」と落ち込んでいましたが、外で運動するのではなく、家をジムにしてしまえばいいのでは?という思考に切り替えました。

私の場合は”羞恥心”が挫折の原因でしたが、ダイエットの失敗の原因にもいろいろなタイプがあると思います。「頑張りすぎて体を壊してしまい、長続きしない人」だったり、「運動などを頑張った分ご褒美が欲しくてつい食べてしまう人」だったり…。

第三者になったつもりで、自分の失敗の原因を分析してみると、どのような方法が向いているのか分かってくるかもしれません。

【セルフィ―ダイエット】

ダイエットにはいろいろな方法がありますが、共通して言えることは、一番大事なのは「メンタル」だと思います。苦しい苦しいという気持ちで運動したり食事制限したって、楽しくないので早くやめてしまいたいという気持ちが強くなってきますよね。

ダイエットに一番効果的なのは、人から褒めてもらう事だと思います。

「最近痩せたんじゃない?」「きれいになったね」

と言われたら、嬉しくなってますます頑張ろう、キープしよう、と思いますよね。

そういう褒めてくれる相手がいれば良いのですが、そう簡単にはいかないと思います。

ましてや、「私2キロ瘦せたんだよ」「え、全然気づかなかった…」なんて言われてしまった日には、もうダイエットなんてやってられるか!となってしまいます。

そんな時味方になってくれるのは”自分自身”なのです。

スマホのカメラで、定期的に自撮りしましょう。

もちろんメイクアップして盛れている状態の時がおすすめです。

最近のカメラ機能はお肌も綺麗に修正してくれるので、実物よりもかなり良い感じになっていますが、それこそがダイエットには効果的なのです。

その写真をチェックしながら、「あれ?ちょっとこの前撮った時よりも顎がシャープになってない?」と、自分で自分を褒めてみましょう!そうしているうちに、不思議と本当に痩せていくから不思議です。

人に見られると綺麗になる、とはよく言いますが、意識することが効果につながるのだと思います。

ダイエットをしていて「辛い!」「やめたい!」と思った時には、セルフィ―してみましょう。

【体型を隠すのは逆効果?】

ぽっちゃりした体系を隠すような服装ばかり選んでいる人も多いと思います。ドルマンスリーブのトップスに、サルエルパンツやサロペット。確かにおしゃれ風で体型カバーも出来るのですが、この「ゆとりのある服装」が曲者なのです。

脂肪は、ゆとりがあればあるほど育っていきます。

ウエスト周りがフリーになってしまうような服装は避けた方が、ダイエットには効果的なのです。

スカートやヒールのある靴で、”綺麗なお姉さん風ファッション”を心がけましょう。

だらっとした服装になれてしまうと、このようなファッションは確かに最初のうちは窮屈だと思います。しかし、この緊張感がダイエットには効果的なのです。

綺麗な服装にするだけで、気持ちも凛として、自然と背筋も伸びてきます。そうなると、腹筋も鍛えられていき、お腹の脂肪も消えていきます。

このような服装なら、ちょっとショッピングでウロウロしているだけでも、十分効果的なのです。

ダイエットは気持ちから。極端にきついダイエットをしなくても、見た目の美しさを心がけることによって、自然と痩せていくので、時間や労力をかけなくても良いのです。

色々なおしゃれが楽しめて、一石二鳥だと思いますよ!

ダイエットで一番重要なのは、メンタルだと思います。

あまりダイエットしているという意識を持ってしまうと、辛く感じて挫折しやすくなるのではないでしょうか?

服装や心がけを変えてみたりして、あまり無理をしていないと感じることが、ダイエットが長続きする秘訣だと思います。